ひょんな事から、中学生の息子の家庭教師になった父親が息子と共に学習し学んだことを綴っていきたいと思います。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
〇〇県には...
2013年08月15日 (木) | 編集 |
最近、KEIとの会話で、「〇〇県には、行きたくない!!」とか、

「〇〇県に行きたい!!」などの内容が...


そう、これは、各都道府県の公立高校の入試問題を解いての感想。

「行きたくない」県の特徴は、内容をより深く問う問題が多い。

市販の問題集でも、見たことがないような問題が出題されている...

公立高校の入試問題と言え、結構な難易度である。

当然、難関私立よりは、ずっと易しいが...


中には、「こんな問題、みんな解けるの?」って思うようなものも、

しばしば見受けられる。

例え、解けたとしても、他の問題をする時間がなくなってしまう。


たぶん、この問題は、入試試験では捨てた方が良い「捨て問題」なのだろう。

でも、今の時期から、捨てるのはどうかと思い、

KEIに解き方を教えてはいるが、一体、どれほど身につくか...

もしかすると、時間の無駄かなぁ、何て思ったりもする。


呑み込みの早いタイプだとそれでも良いのだが、

KEIはそんなタイプではないので、とても時間がかかる。

その上、他の問題へ応用できるかとなると、さらに疑問が...

こんな難問を解けるよりも、もっと基本の問題で出来ていないところを

抑える方が重要かもしれない。


とは言え、やってみないことには、難問かどうかも分からない。

それに、そもそも問題を解けていないKEIに、その問題が、

難問かどうかを見極めることも難しい。


こう言ったところが、実力アップに、入試問題を使いにくい

ところでもあるなぁ。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
テーマ:中高生の親
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
KEIさんの気持ち、よく分かります(^m^*)
私もひよこの塾の保護者会で、正答率5%の公立高校共通問題が
解けませんでしたからe-330

私達の住むC県では、関東地方でも有数の公立共通問題の難易度の高い県で、
当然受験生の平均点も他県と比べると低いです。

でも、その分、最難関公立校に至るまで、
ほとんどの公立校が共通問題を採用しているので、
学校別に個別に独自問題対策をする必要はほとんどありません。

問題の難易度が高い方が良いのか、低い方が良いのかは、
子供次第なのかもしれませんね(^。^;)
ひよこも難問が苦手なので、引越したいって言ってますものe-263
2013/08/15(Thu) 07:11 | URL  | マミマミ #-[ 編集]
マミマミ さんへ
こんばんは。
家族で出かけていたので、返事が遅くなってしまい、
申し訳ありませんでした。

マミマミさんの住む地域は、公立高校の難易度が高いのですね!!
そうすると、やはり、受験生の平均点も低くなんでしょうね。
たぶん、KEIも、住みたくない県に入れているかも...

でも、共通問題の難易度が高いと、全校が共通問題を採用する
こととなり、受験対策はしやすくなるんですね。
私たちの地域も、すべての学校で共通問題となっており、
これが当たり前だと思っておりましたが、他の地域では、
学校によっては、独自問題が出ようになっているんですね。
勉強になりました!!

でも、公立高校の入試問題が、都道府県によって、
こんなにも難易度が違うとは、今回初めて知りました。
当初の予定では、勉強の習熟度をはかるに、各都道府県の受験問題を
利用しようと思っていたのですが、これだけ難易度が違うと、
利用の仕方を考えない直さないといけませんね。
2013/08/17(Sat) 23:12 | URL  | HAYA #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。