ひょんな事から、中学生の息子の家庭教師になった父親が息子と共に学習し学んだことを綴っていきたいと思います。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入試問題に挑戦中!!
2013年08月09日 (金) | 編集 |
今週末で夏休みの折り返し地点。

学校の宿題の状況はどうかと言うと...


KEIは、圧倒的な量に加え、宿題は1日の勉強のうちの

1/3と決めていることもあり、それほど進んではいないが、

まぁ、何とかなりそうなペースですね。


一方、ニャ吾郎は、ワーク類は終わったみたいですね。

あとは、大物ばかり... って、面倒なものは、すべて置いてある!!

特に、読書感想文や新聞づくりなどは、かなり時間がかかる。

その上、ニャ吾郎も、KEIと同様に、このような作業は苦手。

今週末にでも、ちょっと手伝わないと、やばいかも...


そして、肝心のKEIの実力アップの取り組みですが、

現在、各教科とも、前年の公立高校の入試問題に挑戦中!!

利用しているのは、コレ ↓↓↓

  


本当は、各教科単位のものを買いたかったのだが....

1教科ごとの本を、5教科すべて揃えるよりも、

上記の3教科と2教科ごとに、まとまっているものを買う方が、

約1500円ぐらい安くなっている。

という訳で、節約と言うことで... こちらを採用。


ただ、これをそのままでは、勉強に利用しにくい。

まず、分厚くて、重い... まるで、電話帳。

それに、テスト形式でやるには、書き込みも必要。

という訳で、我が家では、コピーして利用しています。


やっていて思うのは、解答用紙があったらなぁと言うこと。

まぁ、一部の都道府県では、問題および解答、解答用紙も、

Webで公開されているので、それを利用。

あとは、諦めてノートにやってもらってます。


やっていて、思うことは、ホント各都道府県ごとに特徴があること。

それも、教科ごとに違うので、面白い!!

問題数、難易度、記述問題の割合、特色問題など...

いろいろと違いがありますね。


今は、いろいろな問題を解くことで、苦手分野を発見することと、

入試特有の問題に慣れることが目的です。

さて、これで実力アップとなっているのでしょうか?

多少、心配な面はありますが、やるしかないのが現状でしょうね。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
テーマ:中高生の親
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。