ひょんな事から、中学生の息子の家庭教師になった父親が息子と共に学習し学んだことを綴っていきたいと思います。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語と国語の読解力アップに向けて...
2013年07月30日 (火) | 編集 |
模試の結果を受けて、少しずつKEIの学習内容を変更。

まず、語学系教科は、問題を解くのにかかる時間が足りない

とのことだったので、スピードアップを図ることに。


そこで、英語と国語の長文読解の問題では、大問ごとに、

時間計測を実施することにしました。

これは、1つ1つの大問を時間計測することで、

もう少し時間感覚を身につけさせようとの狙いなんですが...


KEIの場合、「あっ、忘れちゃった!!」ってことが多いみたいです。

まだまだ、のんびりモードなんですよね。

それでも、何とか時間計測してやっているみたいです。


英語は、長文の長さによるですが、大体400語程度のものであれば、

20~25分かかっているようですね。

このくらいの速度で読んだ場合、内容を理解し、設問も解けているようです。

あとは、時間を目標である15分程度にするように、練習していかないと。


国語の場合は、もっと大変そう!!

まず、大問のすべての問いに答えを書くように解くと、

約30分以上もかかる。


これは、ちょっと遅すぎ!!

でも、この速度でないと、テストのように、空欄だらけになってしまう。

特に、記述問題を答えるのに、かなり時間がかかることが原因。

これも練習すれば、少しは早くなるでしょう。(たぶん???)

目標は、15分で大問1つを解けること。


とは言え、国語の場合、問題はスピードだけでなくて...

肝心の読解力自体が低いことが、一番の原因。

論説文は、まだ筆者の主張が理解できるようなのですが、

小説文では、登場人物の心情変化がつかめていない様子。


これは、KEI自身が読書ぎらいで、本をほとんど読まなかったため、

語彙数と表現をとらえる力が、かなり不足しているように見受けられる。

とは言え、これらは簡単に身につけること出来ないなぁ。

その上、KEIは、勉強以外では、本を読むこともなく、ゲーム中心。

これは、前途多難です...


仕方ないので、これらは、問題を解く中で身に着けてもらいましょう。

でも、ここでも問題が... KEIって、分からない単語を辞書で調べない!!

要するに、辞書で調べるのは、面倒なので放置するみたい。

これでは、幾ら問題を解いても、語彙も増えるわけがなく...

まぁ、読まないよりは、少しは語彙も増えるでしょうが...


英語のように、長文問題のように、全訳と単語一覧がついたような

国語の読解問題があったらなぁ。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
テーマ:中高生の親
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。