ひょんな事から、中学生の息子の家庭教師になった父親が息子と共に学習し学んだことを綴っていきたいと思います。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏休みにやるべきこととは...
2013年06月26日 (水) | 編集 |
明日より、期末テスト。さぁ、どうなることでしょうか?

親としては、不安な気持ちでいっぱいですね。

まぁ、ただ結果が出るまで待つだけなので、嫌なものです。

期末テストですら、こんな気持ちなので、本番ではどうなることやら...


でも、今回の期末テストの結果がどうであれ、期末テスト後には

受験に向けて始動しなければなりません。

特に、7月と8月のこの2ケ月は、やるべきことがたくさんあります。

そのうち、学習面について、今からその準備を始めておくために、

やるべきことを書き出してみました。


まず、3年生で習う範囲をすべて先取り学習してしまうこと。

私の家庭教師としての授業の再開ですね。

春休みの3月と4月に進めていた内容の続きで、

数学は「2次関数」の続きから、理科は「自然と人間」から再開です。


次に、1年と2年で習った分野をきっちり復習すること。

特に、理科と社会は、計画的に復習を進めるようにしないとね。

まずは、苦手な範囲から着手して、順次全体に進めるようにしたいですね。

勉強自体は、KEIに任せておきますが、定期的に成果を図りたいですね。


でも、なかなか、復習の成果が図りにくいのが難点。

高校入試の問題集でも買って、定期的にテストを実施しようかなぁ。

そうなると、教材探しもしておかないといけませんね。


最後に、今の学力をアップさせること。

これは、基礎学力の部分と応用力の部分に分けて進めていく。

対象は、数学、英語、国語かなぁ。


基礎学力の向上も、KEIに任せるとしましょう。

内容としては、計算、英単語、漢字、国文法など...

コツコツと毎日進めてもらう必要がありますね。

これも、定期的に小テストでも実施して、学力の確認が必要ですね。

今から、小テストの準備をしておきますか...


応用力の部分は、進め方が難しいですね。

まず、苦手な数学は、問題を解かせて分からない部分を教える。

このスタイルでやることになりそうです。


英語は、KEIの得意科目なので、教材だけ決めてお任せで!!

リスニング、英文法、長文読解が対象。

学力にあわせて、教材の難易度をアップさせていこう。


最後に、国語。これが一番の難敵。

私も、苦手科目なので、うまく教えられない。


特に、読解力。そもそも、KEIは、読書が嫌い。

したがって、今まで読解力の素養がまったく培われていない。

論理エンジンなどの教材を使ってみても、成果は上がらない。

たぶん、それ以前の問題のような気もするが...


論理的に考える以前に、語句の意味が取れていないのだから...

とは言え、手っ取り早く語彙力を上げる方法などなく、

と言って、やらない訳にはいかないので、どうしたものか...

まぁ、悪あがきだけは、やってみよう。


それに、古文・漢文などの対策も。

これは、まだ良い教材が見つかってない。

急いで、探さないと!!


こうやって、書き出してみると、やるべきことが見えてくる。

それにしても、やる事が多くて、大変だ!!

まぁ、勉強するのは、私じゃないので、大変なのは、KEIなのだが...

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
テーマ:中高生の親
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
小テスト
こんにちは
夏休みはやることが盛りだくさんですよね><学校の宿題も山のように出るだろうし、スケジュール調整が大変そうです。
小テストいいですね!夏休みはほぼ自宅学習になるのでダレると思ってましたが、うちも定期的に小テスト実施してみようかな。やっぱり手作りがいいんでしょうかねぇ。。
2013/06/26(Wed) 18:35 | URL  | sakura #-[ 編集]
Re: 小テスト
sakuraさん、こんばんは。
夏休みの細かいスケジュール、そろそろ決めないといけませんね。
学校の宿題がどの程度となるのかによって、やれる内容が変わってきそう。
我が家は、小テストは手作りです。
と言っても、英単語や漢字の本をコピーしただけですが...
間違ったものは、Excelに入力しておいて溜まったら再テストです。
意外と効果あると思います。
2013/06/26(Wed) 22:58 | URL  | HAYA #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。