ひょんな事から、中学生の息子の家庭教師になった父親が息子と共に学習し学んだことを綴っていきたいと思います。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無意味な知識?!
2013年05月05日 (日) | 編集 |
ゴールデンウィークの後半4日間は、中間テストに向けた学習中心。

その中で、理科の「イオン」の分野で、化学電池の問題で

分からないところがあると言うので、KEIに教えていた一幕。


KEIが分からないと言う問題は、「化学電池の電極版の組み合わせで、

最も電圧が高くなるものを選択する」ものなのですが、

答えの解説が分からないとのこと。


確かに、答えの解説には、「この組み合わせが一番イオンになりやすいから」

としか書いてない。でも、なぜこの組み合わせがイオンになりやすいのかが

KEIには分からないみたい。


それを聞いた時に、ふと頭に浮かんできたのが...

「貸そうかなぁ。まぁ、当てにすな。ひど過ぎる借金」と言うフレーズ。

でも、このフレーズがこの問題に関係あることかどうかすら忘れてた。


そこで、参考書で調べてみると、イオン化傾向の覚え方だったみたい。

でも、肝心のイオンになりやすい元素記号がフレーズから思い出せない。

結局、ネットで調べて、「[カリウム:K]そう[カルシウム:Ca]なぁ[ナトリウム:Na]。

[マグネシウム:Mg][アルミニウム:Al]、[亜鉛:Zn][鉄:Fe][ニッケル:Ni]

[スズ:Sn][鉛:Pb]。[水素:H][銅:Cu][水銀:Hg][銀:Ag]

[白金:Pt][金:Au]」だったみたい。


と言うことで、この順番でイオンになりやすいので覚える必要がある

ことを説明したのでした。


それにしても、このフレーズは昔からあるのですが、

肝心の内容を思い出し方も覚えておかないといけないので、

ちょっと使いにくいですね。


世の中には、他にもたくさんの語呂合わせがありますが、

年月が経つと、フレーズしか思い出せないものも多い。

フレーズは、どれもインパクトがあり覚えやすいのですが、

肝心の内容は、思い出すコツがいるので、忘れてしまっているみたいですね。

何とも、無意味な知識...

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
テーマ:中高生の親
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
語呂合わせ
こんにちは
確かにその解説では肝心なことがわからないですね><
語呂合わせで頭に残ってるってありますよね!イオン化傾向の語呂合わせもそう言えば見た記憶が。。当時は一生懸命覚えたことも仕事上や普段に必要なければすっかり忘れてしまってます^^;

子供の勉強をみていると昔の記憶がよく蘇ります。。私自身社会は特に苦手でしたが子供も受け継いでるみたいで。。ちょっと複雑です(^_^メ)
2013/05/05(Sun) 17:07 | URL  | sakura #-[ 編集]
Re: 語呂合わせ
sakuraさん、こんばんは。
昔、勉強した内容で使わないものは、やっぱりどんどん忘れていってますね。
でも、語呂合わせだけは、意味不明でも覚えているもんなんですね。
それも、よく分からないなりに、使いどころで勝手に浮かんでくるのは、
ホント記憶って不思議なものですね。
得意・不得意の科目は、KEIの場合、私と全く違いますね。
私は、完全に理数が得意でしたが、KEIの場合は英語や社会が得意なので...
これも、不思議な感じがしますね。
2013/05/05(Sun) 22:47 | URL  | HAYA #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。