ひょんな事から、中学生の息子の家庭教師になった父親が息子と共に学習し学んだことを綴っていきたいと思います。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
考える力とは...
2013年04月26日 (金) | 編集 |
先日、全国学力テストがありましたね。

うちは、KEIが中3、ニャ吾郎が小6と言うことで、

2人とも受けてきました。


帰って来て話を聞いた感じでは、数学A(算数A)については

比較的簡単だったとのこと。

でも、数学B(算数B)では、2人とも見慣れぬ問題に苦戦したみたい。


要するに、問題の意図をくみ取ったり、解き方を工夫したりするのが

2人とも苦手みたいですね。まぁ、予想通りですけど...

特に、この手の問題は、KEIが苦手とする問題なんですよね。


同様に、基礎的なことが中心の国語Aは出来たみたいだが、

作文中心の国語Bは、苦戦したみたい。

2人とも何とか書いたそうですが、どんな文章やら...


2人とも、問題は持ち帰っていたので、私も見てみました。

話だけでは、良く分らないところも、問題を見てみて納得。

こりゃ、2人とも苦戦したと思います。

全く学校の試験で行う問題とは違い、凝ってますよね。

私からすると、ホント見ていて面白い。


学校の授業でも、このような教材で普段から勉強すれば、

もっと考える力を身に着けることが出来るんじゃないかなぁ。

学力テストだけ凝っていても仕方ないんですよね。


どんどん学校の授業でも、このような問題を取り入れるべきだと思うのですが...

でも、実際は、基礎学力を向上することにばかり、力が入ってますよね。

小学校の宿題を見ても、計算や漢字ばかり...

飽きるぐらいに同じことをさせていますよね。


繰り返しすることの重要性は理解できるのですが、私は嫌いでしたね。

ただ単調で楽しさがないんですよ。単純作業は...

その影響で、計算や漢字が嫌いになってしまい、

果ては、算数や国語自体が嫌いになるってことも多いような気がします。

たぶん、うちの子もそうですね。


私は、勉強の楽しさは初めて見る問題を解くことにあると思っています。

実際、私はずっとそうでしたから... 一種のパズルです。

どうやったら、問題が解けるのか。問題が難しいと何時間も考える...

その行為自体が楽しいんですよね。


でも、KEIとニャ吾郎は、そういったことに慣れていないんですよね。

まず、基本が「習っていないことは出来ない」なんですよね。

だから、難しい問題を見ると、すぐに諦める。

教えてもらうことに慣れてしまっているので、考えるのが面倒みたいです。


本来なら、私が子供にそういったことを教えるべきなのかもしれません。

でも、現状の制度の中では、そういった考える力を長い時間かけて

身に着けさせるより、より多くの問題に対応できるように解法を教える方が、

効率的で簡単にテストでは良い点が取れるのが現状です。

と言うか、解法を考えていたら、テスト時間が終わってしまう...

今回のテスト問題ですら、教えてもらった解法で解いた生徒は多いだろうなぁ。


私は、KEIやニャ吾郎に、本当の考える力を身に着けてほしいと思っています。

でも、これって教えるもんじゃないような気もしますね。

出来ることと言えば、今回のテスト問題を再度考えさせてみることぐらい...

ゴールデンウィークにでも、学習の教材に使ってみようかなぁ。

でも、これって、結局、解法を教える対策と同じなのかもしれないですね。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
テーマ:中高生の親
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
解法
こんにちは
高校受験を乗り越えなくては、と塾でも中3生に解法を覚えさせるのかもしれませんね。そうなると高校受験は暗記力と計算力がものを言うのかなぁと思ったりします((+_+))

でも高校になるとそうはいかないでしょうね。自分で考えて解く、せめて好きな分野で発揮してくれたらなーと思います^^;
2013/04/26(Fri) 16:10 | URL  | sakura #-[ 編集]
Re: 解法
sakuraさん、こんばんは。
考える力はとっても重要なんですが、試験中に考えていたら
時間的にはとっても不利になってしまうんですよね。
やっぱり、知っていると解くのは早いですから...
これは大学受験でも、同じことが言えると思います。
あくまで、合格(得点)だけのことを考えればですが...
でも、将来的なことを考えると、ちょっと遠回りかもしれませんが、
自分が勉強したいと思えることに、じっくりと時間をかけることが
本来かもしれませんね。
これは、受験生である今はちょっと無理かなぁ。
高校に入って時間があるうちに、ぜひやってほしいですよね。

2013/04/27(Sat) 00:08 | URL  | HAYA #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。