ひょんな事から、中学生の息子の家庭教師になった父親が息子と共に学習し学んだことを綴っていきたいと思います。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語長文の対策
2013年04月15日 (月) | 編集 |
春休み前に、何冊か英語の長文読解の問題集を購入しました。

現在、その中から、比較的やさしそうなものを選んで、

KEIに、順番にやらせています。


当然、その目的は、英語長文を早く正確に読めるようにすること。

これって、意外と難しいんですよね。


最近、KEIが取り組んでいる英語長文は、約200~300語のもの。

これを、目標時間20分で、英文を読んで問題を解くことができるようには

なってきたのですが、ちらほらと間違いが...


その間違いの傾向としては、国語的なものが多い。

ここで言っている国語的とは、文章中の指示語が指す内容であったり、

英文全体の要約した内容を問うものであったり...

要するに、国語の現代文の英語版的な問題。


まぁ、問題の内容的には、ずっとやさしいんですが...

当然、日本語だったら、間違えることはないレベルなんですが、

英語になるとそこまで正確に読めていないんですよね。


とは言え、問題の7~9割近くは正解出来ているので、

もっと、英文を読み慣れてくれば、スピードはそのままで、

正確性も向上してくるのかなぁって思っています。


そのためには、もっとたくさんの英文を読んで、問題を解いて

いく必要があると思っています。

でも、英語長文も、国語の現代文と同じで、1つの問題集を

繰り返しやりにくいですよね。(内容を覚えてますし...)


その上、英語長文だけの問題集って、1冊に掲載されている

英文数は意外と少ないので、すぐに1冊は終わってしまうので、

問題集の費用が高くつきますよね。


とは言っても、練習中の今は、問題のレベルが高すぎても、

低すぎてもいけないので、やさしいもの~難しいものまでが

順番に並んでいる問題集の方がいいのかなぁって思っています。


もう少し慣れてきたら、過去の高校入試の問題を集めたものを

利用した方が安いかもしれませんね。

それにしても、受験用の問題集は、厚みが薄いのに値段は高いですよね。

家庭学習でも、費用はかかりますね。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
テーマ:中高生の親
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
読解力
こんにちは
長文読解、うちはリスニングと同じく悩みの種です。。模試などで長いものになるとどうも途中で諦めてるような感じで(涙)
長文読解は国語同様文章読解力があると強いと思いますが、うちの子はダメだからなー><

受験学年の出費はかかりますね^^;この先は覚悟が必要ですね。。
2013/04/15(Mon) 17:09 | URL  | sakura #-[ 編集]
Re: 読解力
sakuraさん、こんばんは。
長文読解とリスニングは、英語では対策必要ですよね。
でも、KEIはリスニングは対策がほとんど出来てないです。
どちらも慣れのような気もするので、早いうちから練習させておかないと...
それにしても、受験に向けて何かとお金がかかる時期ですね。
2013/04/15(Mon) 22:45 | URL  | HAYA #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。