ひょんな事から、中学生の息子の家庭教師になった父親が息子と共に学習し学んだことを綴っていきたいと思います。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どこまで勉強すれば...
2013年04月06日 (土) | 編集 |
先週末に、理科の予習で「イオン」をやって、

今週に、問題集を解かせていますが、あまり思わしくないですね。


「イオン」が理解出来ていないと言うよりも、

化学式(イオン式)で分らないものが多数あるみたいですね。

このあたりは、1・2年で習った化学分野とともに、

多くの化学反応を覚えていくしかないんでしょうね。


中学生の場合には、どこまで覚えればいいのか、分りずらいですね。

問題集を解いていると、いろいろな化学式が出てきますが、

教科書には無いものも、幾つかありますし...


化学式や物質の特徴など、化学分野は覚えておくことが

必須となりますが、これを覚えれば大丈夫って、

まとめたものがあればいいんでしょうけど。

自分でまとめるとなると、大変だしなぁ...


これと同じような事で悩むのが、社会の地理分野。

特に、日本の各都道府県のことや世界の各国のことは、

どこまで覚えればいいのか、難しい。


学校では、特定の都道府県や国しか教えてもらってないので、

そんなに詳細な内容まで覚える必要があるのかなぁ。

まぁ、常識程度は知らないとって事になるんだろうけど、

その常識が良く分らないし...

かと言って、全部覚えるとなると大変だし。


高校生になると、これらはすべて独立した科目になり、

そこでしっかりと勉強することになるんでしょうけど、

現時点では、中途半端ですよね。

そのため、やり過ぎは無駄に思えてしまうので、

出来れば、ちょうど良い具合に勉強したくなるんですよね。


これが、英語だと、実力のつけすぎが無駄とは思えないので、

勉強がやりやすいんですよね。

そういった意味で、中高一貫はいいですよね。

必要な部分に、集中できますし。

と言っても、今更、中高一貫に行ける訳でもないので、頑張るしかないんですが...


このあたり、どこまで深く勉強すべきか、みんな悩むんでしょうね。

それとも、私だけなのでしょうか?

どっちにしても、答えはないんでしょうが...

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
テーマ:中高生の親
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
化学式
こんばんは
問題集に出てくる化学式、教科書に載ってないと子供に聞かれたことがあります。「これはメジャーだから一応知っておいたら~?」なんて適当なこと言ってました^^;
うちは地理や歴史に限って教科書はきっちり覚えているようです。(これは社会の先生が細かいところを出す気がするからだそうで・・・)でもいくつか問題集を見ていると必ず問われる部分があるようなので、公立高校入試ではそういったところ中心でいいのかもしれませんね。地域によって差があるのかもしれませんが・・・
その他の科目も好きならしっかりやるんでしょうが、残念ながらうちはその傾向は見られません><
2013/04/06(Sat) 22:00 | URL  | sakura #-[ 編集]
Re: 化学式
sakuraさん、こんばんは。
うちは、社会や理科の勉強には、教科書はあまり使ってないですね。
理由は、以前ブログでも書いたのですが、教科書の内容が十分でないから。
学校の先生も、教科書に書いていないことを授業で教えるし、
テストも、そこからですので、定期テストはノート中心に勉強してますね。
このあたりは、教科書の違いもあるんでしょうね。

それと、公立高校の入試問題を見て見ると、1国や1つの県について
詳しく問われることがないみたいで、地域もしくは世界や日本と言った
レベルで出題されるものしかないみたいです。
まぁ、これは地域によって、違うのでしょうね。

2013/04/06(Sat) 23:45 | URL  | HAYA #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。