ひょんな事から、中学生の息子の家庭教師になった父親が息子と共に学習し学んだことを綴っていきたいと思います。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「仕事」と言われると...
2013年03月20日 (水) | 編集 |
今日は、遅れ気味だった理科の予習授業を実施。

内容は、「仕事とエネルギー」について。


授業を始める前に、「仕事って何だと思う」と聞くと、

KEIは、「そりゃ、会社行って、働くことでしょう!!」。

まぁ、普通、そう思うでしょうね。

と言うことで、言葉の意味の説明からスタートしました。


あと、教えた中で、KEIが引っかかることとしては、

ほとんど問題で、摩擦や空気抵抗を考慮しない場合が対象になっているので、

ちょっと、頭でイメージする現象と違うこと。


たとえば、摩擦や空気抵抗がなければ、床に置いてある物体に

少し力を加えるだけで、物体は同じ速度で動き続けると言われても、

説明すれば理解できるけど、現実とは違い過ぎて何かピンと来ないみたいですね。

とは言え、現実的な現象は難し過ぎて、中学生には解けないでしょうけどね。


そして、摩擦や空気抵抗を考慮しない場合の「仕事」は、

水平方向の移動は0(ゼロ)となるので、中学生が扱う「仕事」と言えば、

垂直方向、つまり物体を高く持ちがあげることが問題になることを

理解してもらうことに時間をかけました。


後は、お決まりの滑車やてこ、そしてスロープの問題の解き方を

説明して、内容的に引っかかることもなく、本日の授業は終了。

でも、たぶん問題を解くと、「う~ん、わからん!!」連発されるかも...


まぁ、そうなるのが、KEIの苦手な理科と数学では、当たり前なので、

そのための時間も計算に入れてます。

と言っても、予定通りには進まないんですけどね。


今日も、理科の予習授業の後は、この間の週末に進めた単元で

分らない問題を解説しつつ、その復習を...

教えたことは理解出来ていますが、いざ問題となると、

その使いどころが分からないみたいなんですよね。

だから、苦手な科目なんでしょうけど...


この辺りは、勘のいい子なら、一発で解いちゃうんでしょうけど、

KEIの場合は、慣れるまで訓練が必要です。

まぁ、今回の春休みには、ほとんど予定もなく暇そうなので、

私からの宿題をいっぱい出して、練習して慣れてもらいます!!


数学と理科の予習の目途としては、3年1学期に習う範囲までは、

春休みには終わっておきたいですね。

出来れば、2学期の一部も... ← 予定通りなら... まぁ無理か...


とは言え、進捗以外に心配な事も、それは、

3年の1学期に、理科で習う範囲が分らないこと。

つまり、今教えている「運動」や「仕事とエネルギー」って、

いつ習うか、3年になって見ないと分りません。


たぶん、生物分野の「細胞分裂と遺伝」の範囲からかなぁ。

まぁ、3年1学期がスタートしてから、そこの分野は授業と競争です。

KEI自身、物理分野以外は、そんなに苦手ではないので、

何とかなるんじゃないかなぁって、思っています。

理科は、いつも学年のはじめは、こんな調子になっちゃいますね。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
テーマ:中高生の親
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
理科って・・
仕事とエネルギー、なんか物理分野って最後の方のイメージがありますね。
磁界も3学期の最後にちょろっとやって、テストにはしっかり出たようですが^^;
他に天体やイオン、理科ってなんか覚えないといけないことがたくさんありますね(汗 
うちは物理のほかに地学分野でも苦労しそうです><
2013/03/21(Thu) 17:27 | URL  | sakura #-[ 編集]
Re: 理科って・・
sakuraさん、こんばんは。
KEIの中学校では、物理分野はいつも2学期の終わり頃。
確かに、試験は3学期に入ることも多いですね。
でも、一番最後は、いつも地学分野です。
それにしても、中学の理科は、物理・化学・生物・地学とすべての
範囲が入っているので、ホント大変ですね。
2013/03/21(Thu) 22:50 | URL  | HAYA #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。