ひょんな事から、中学生の息子の家庭教師になった父親が息子と共に学習し学んだことを綴っていきたいと思います。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家庭学習なのに、塾みたい...
2013年03月15日 (金) | 編集 |
今週より、再開した家庭学習。

前回の記事に書いた、数学の多項式の計算以外にも、

いろいろと課題が出てきております。


まずは、社会(地理・歴史)の復習方法。

新しく購入した赤シートで暗記できる参考書を使って、

KEI自身で勝手に覚えておいてもらおうって考えていたけど、

どうも、進捗が思わしくない。


どうも、KEIは、ただ単純に暗記するだけの学習は、

どうもやる気が出てこないみたい。

かと言って、問題集で復習すると、どうしても偏りが出てしまうし...

そこで、ちょっと私が面倒なのですが、毎週小テストを実施することにしました。


まぁ、問題作るのは、定期テストの際によくやっているので慣れたものです。

でも何か、家庭学習なのですが、塾みたいになってきました。

やっぱり、学習効率を求めると、塾のやり方に近くなってしまう

のかもしれませんね。


さらに、この小テスト方式、他の教科でもやる事にしました。

その理由は、まず私がKEIの学習状況を把握しやすいこと。

それに、私が採点することで、自分では気がついていない

漢字間違いや記述ミスなどのチェックも行えます。


この単純なミスによる失点って、定期試験では結構多くて

何とかしないとと思っていたのですが、本人に言うと、

「気がついてなかった」とか言うだけだし...

また普段、問題集を解いている字が汚いので注意しても、

「テストでは、ちゃんとした字を書くので、大丈夫!!」とか

言って聞いてくれないしね...


こうやって、小テストで私が厳しく採点すると、

普段から、ちゃんと書こうと注意してくれるようになるかなぁ

って思っているのですが... 甘いかなぁ?!

うまくいけば、学習効率UPと合わせると、一石二鳥ですね。


果たして、もくろみ通りに、ことは進むのかどうか...

何はともあれ、小テストの作成と採点、頑張らないと。

こう考えると、学校や塾の先生って、ホント大変ですよね。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
テーマ:中高生の親
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
良好♪
これほどきめ細かい指導は塾でさえやってもらえないですよー^^;
苦手分野に時間をかけれるし、子供の性格も把握できてる親が
みれるならそれに越したことはないと思います♪
こういった家庭学習ができるのは、HAYAさんとKEIくんの親子関係が良好な証拠ですね!うらやましい(^^ゞ
うちはすぐ喧嘩に・・・><お互いの性格改善が必要なんでしょうねぇ(溜息)
2013/03/15(Fri) 15:22 | URL  | sakura #-[ 編集]
Re: 良好♪
sakuraさん、こんばんは。
それでは我が家は、塾じゃなくて、個別指導かなぁ?
でも、個別指導って言うと、家庭学習も個別指導の一種かも。v-290
どっちにしても、家庭学習の利点は、その子供に合わせて行えること。
その意味では、sakuraさんのところも、お子さんの性格に
合わせて行っておられるので、塾と家庭学習の二刀流。
美味しいところを上手に使い分けされていると思います。
我が家も、ホントはそうしたかったんですけどね。(私は楽だから...)
あっ、それと、我が家も思っておられるほど、良好な関係ではないんですよ。
ただ、勉強の時だけは、KEIが私に合わせてくれているみたいなので何とか...
まぁ、勉強に関しては、お互いの利害が一致しているのが、大きいですね。



2013/03/15(Fri) 22:45 | URL  | HAYA #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。